『ロマンポルノ』を含むコンテンツ

大須演芸場


名古屋で唯一の常設で寄席(よせ)を楽しむことができた大須演芸場が
2月3日、半世紀もの幕を閉じた。

大須演芸場は1965年に開場し、幾多の困難を乗り越えながらも
なんとか経営してきたという、日本一、お客が入らない寄席ともいわれていた。

ここは、かつて、西川きよし、横山やすし、ツービート、明石家さんま、などの
お笑い芸人が芸を磨いた伝統のある場所でもあった。

私は、正月休み明けの人出の少ない平日に、はじめて行ったのだが、
なんともいえない枯れた味わいの佇まいにホッとしたのだった。

大須という町は、カオスな場所で、
老若男女が入り混じり、おしゃれな人や、そうではない人。
日本人や外国人。
アニメやパソコンのパーツショップ、メイドカフェ。

どんな人だって溶け込んでしまうゴッタ煮状態である。

高校生のころ、冬休みに友人と成人映画を見たのも大須だった。

入り口に「学生割引」とあったが、
いくら学生は学生でも、大学生だろうから、
そのときは、さすがに大人料金で入らざるをえなかった。(笑)

あの映画館があったのはどのあたりかは、覚えていないけど、
三本立てのうち、一本は小林ひとみだった。

小林ひとみが出てきたころ、家庭にVHSのビデオデッキが普及しはじめて、
まわりくどいストーリー仕立てのロマンポルノではなく、
即物的なアダルトビデオが台頭していくのである。

そうなると、ロマンポルノをわざわざ見に行くということはなくなり
だんだんとピンク映画は衰退していった。

さて、大須演芸場で、はじめて落語を生で聴いたのだが、
ラジオやCDなどで聴くよりも、耳にすんなり入り、とても面白かった。

ああ、これがライブの醍醐味なのだな。


会場にいるお客は、60~70代前後のお年寄りがほとんどである。

会場の出演者は、時事ネタを風刺したり、漫談したりで
ほんのひととき、嫌な事を忘れて笑わさせてくれた。

快楽亭ブラックさん



大須演芸場は、前からあることは知っていたのだけど、
寄席は、年寄りのものと思い込んでいて足が遠のいていた。

皮肉なもので、前から普通に存在しているときは、なんとも思わないのに、
世の中から無くなると分かると、とたんに愛おしく感じてしまう。

小学校の給食の献立で出されたゴムのような歯ごたえだったクジラの大和煮だって、
当時は、マズイ、マズイと思いながら食べていたのに、
今となったら超貴重品となった。

自分の住んでいる住宅に、「パンパンパンときてパンときてパン!」と
ケンちゃんシリーズ 主題歌「パン屋のケンちゃん」をかけながら
移動販売しに来てくれた手作りパンも、今や食べることができない。


このパンが、とてつもなく食べたい。

どんなに、豪華で高級な料理よりも、
記憶に刷り込まれた味覚には敵わないのではないだろうか。

なので、たまに、ミルメーク、マルシンハンバーグ、
石井のおべんと君ミートボール、丸大ハンバーグを買い求めてしまう。

この寄席を見た日、
なにが自分にとって大事なものかを考える機会でもあったように感じる。

地元の名古屋の企業が再建の手助けをするというのだが、
どうなるかは、まだ未定。

町は少しくらい、きれいじゃなくたって、きちんとしていなくたって、
良いと思う。

「白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき」

寛政の改革により、きれい過ぎる水では魚も住めない。
ぼうふらや水草がたゆたう水をあらわす、田沼意次の時代のほうが住みやすいという狂歌もある。

たどりついたらいつも雨ふり

70年代は、今のように
数える程度のヒーロー番組ということはなく

有名無名どころから、
いくつもの作品が放送されていた。

そんな中、1974年に月光仮面でおなじみ
川内康範原作の「ダイヤモンドアイ」の後番組として「電撃!!ストラダ5」がスタートする。





国際的犯罪組織に対して結成された
国際警察の秘密チーム男性四人、女性一人という構成で、放映当時は、
東映制作の秘密戦隊ゴレンジャーなどで有名なスーパー戦隊シリーズすらもはじまっていない頃である。

まだ、今のように、途中で追加戦士が投入されるとか、決着は巨大ロボットでとどめをさすとかそういったルーチンな流れすらもなく、
良い意味で型にはまっておらず、
荒削りながらも限られた予算の中で面白く作ってやろうという作り手の気概が感じることができる。

30分番組なので、子供向けのヒーロー番組なのだろうが、変身するのではなく、私服から戦闘着に"着替え"て戦うのである。

特撮というほど、特殊な効果もなく、キレのある肉弾戦がメインで無国籍アクションというジャンルなのだろうか。

出演が日活アクションシリーズで「エースのジョー」として知られる宍戸錠氏=高村輝次郎/ジュピター、
渋い演技力で定評のある地井武男氏=殿村幻次郎/オリオン(ストラダ2)、
番組放送後に「仮面ライダーアマゾン」で主演することとなる岡崎徹氏=堀田貫介/ペガサス(ストラダ1)
「飛び出せ!青春」などの学生役などで活躍する剛達人氏=竹中一念/アポロ(ストラダ3)、
前年に「ワイルド7」で主役を演じた小野進也氏=宝木正/ルナ(ストラダ4)、

そして、主題歌を担当されているのは、
"ワルサア ピイさんじゅうはち~ このてのお なかにいーい"
「ルパン三世」の主題歌を担当されたチャーリー・コーセイ氏。

世界征服を企むビッグノヴァの首領ミスターアスモディの声を、"悪役の中の悪役"、飯塚昭三氏が充てている。

当時では、豪華なキャスティングであろう。

ただ、その中で、ヒロイン、星カオリ/アンドロメダ(ストラダ5)を演じる、山科ゆり氏だけは、経歴が分からず、「薄幸そうなクールビューティなこの方は何者だろう?」と気になって、調べたところ、なんと、当時、ロマンポルノ女優だと知る。

たしかに、現代の戦隊モノでも、元AV女優が悪のヒロインとして登場することはよくあるが、
現役で子供向け番組でヒロインを演じてしまうという、ぶっ飛んだキャスティングである。

制作当時の日活は、もう、かつての無国籍アクションシリーズや青春モノでヒットを飛ばした"にっかつ"ではなく、低予算な成人モノで糊口をしのぐ「日活ロマンポルノ」の時代であった。

登場人物の顔と名前もそろそろおぼえたかなあと思った頃、悪の首領も、正体は分からないまま、プツンと終わってしまう。

当時のことはよく分からないが、なにかのつなぎとして作られた番組のようである。
視聴率による打ち切りという事情ではなく、人気があろうとなかろうと、この番組は1クール全13話、放映開始時にはすでに撮影が終わっていたそうである。

顔出しのヘルメットと戦闘服というチープなコスチューム、市販車にステッカーを貼っただけのマシン。

子供向けのおもちゃすらも出ていなかったと思う。

さて、山科ゆり氏の存在感がどうも気になり、かつて出演されていた映画を見てみた。

「濡れた荒野を走れ」という73年作のロマンポルノである。

この作品でも、地井さんと共演しているので、さらに驚かされる。

晩年のお人よしで、人懐っこい地井さんでなく、
ギロリと眼光鋭い刑事を熱演している。

脚本を、後に「青春の殺人者」「太陽を盗んだ男」を監督することとなる長谷川和彦氏が担当、監督の澤田幸弘氏も、「太陽にほえろ」「西部警察」といったハードな刑事モノを手がけられており、

単なる成人映画ではなく、"やるせない公僕(刑事)の行き場のない衝動"、"火遊びに憧れる青い性"といった描写も見事に表現されている。

また、作品内で鈴木ヒロミツ氏率いるモップスの名曲「たどりついたらいつも雨ふり」が、とても効果的に使われる。




当時の、円柱状のサイレンのパトカー、黒い固定電話、トランジスタラジオ、反戦運動、アングラ劇団といった風俗やアイテムも見ていて楽しめた。

70年代というと、どうもほこりっぽく、60年代のように、ただアメリカに憧れていたピュアな感性がくもり、オイルショックでしらけてしまった貧乏くさいイメージがあるかもしれない。

だけど、なぜか引き込まれてしまうのである。

ファッションやカルチャーは20年ごとに繰り返すというので、90年代もたしかに、ロングヘアの男性や、ベルボトムまでは行かないけど、ブーツカットの裾広がりのジーンズもリバイバルした。

ということは、また、そろそろリバイバルするかもしれない。


プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED