『ジュリー』を含むコンテンツ

窮状

昭和40年生まれの世代にとって
歌手 ジュリーこと沢田研二さんの存在は格別なものではないだろうか。


ジュリーは、まさに"スターの中のスター"
ジュリーこそ70年代~80年代の歌謡界の象徴といえる。

歌唱力、声量も抜群にある。

ヒット曲は『勝手にしやがれ』、『サムライ』、『ストリッパー』と多数ある。

しかしながら、その存在は、アイドル的であり、
作られたイメージの世界に住む、ディズニーランドのミッキーマウスのようなポジションだった。

けっしてアイドルが悪いということではない。

人に夢を与えるアイドルは、姿形を変えようとも、いつの時代でも必要な存在であると思う。


その沢田研二さんは"わが窮状"という憲法九条へのラブソングを歌われている。


2008年『ROCK'N ROLL MARCH』というアルバムで、

それも9曲目に収録されているこだわりよう。

作詞が、ジュリー本人ということも驚かされる。

この歌をもって、"アイドル 沢田研二"という立場から、
"人間 沢田研二"になろうと思われたのではないだろうか。

「9条」が「窮状」ということで、
今、日本の憲法が危機に瀕している
「この窮状を救おう」と歌っているのだ。

「変化に気づかないカエルは熱湯の中で死ぬ」

と聴いたことがある。

平和だから、アイドルで居られた。

ジュリー ジューリ~~ あんたの時代は良かったー(笑)

危機感を抱いたから、アイドルという位置から、人間としての立ち位置に換える。


民主党政権から、自民党政権に復権した。

党の政策には「自衛隊から国防軍に変える」という改憲が含まれている。

九条が窮状。

この九条のおかげで、

(この数十年)誰も撃たなくても済んだ。

(この数十年)私たちは守られてきた。



ロック歌手 忌野清志郎(いまわのきよしろう)さんは、
かつてステージでこんなことを言っていた。

「この国の憲法を知ってる?」

と客席に問いかける。

「戦争をしない、戦争には加担しない。それは、ジョン・レノンの歌のようだ。世界中に自慢したい。」

九条とジョン・レノンの名曲『イマジン』


想像してみよう

天国はない

国境もない

命を奪う武器も

宗教の違いもない


憲法をジョン・レノンの歌と並び讃えるのは、いかにも清志郎さんらしいセンスである。

清志郎さん、ジョンは果たして天国があるのならば、そこから、どんな気持ちで、こちらを見ているのだろうか。


プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED