『ガンダムDVD』を含むコンテンツ

燃え上がれー 燃え上がれー

おそろしく、不定期更新の当サイトだが、

たまたま、テレビで、機動戦士ガンダムの登場人物 シャア・アズナブルを中心に

「セカンドの美学」という番組を目にする機会があった。

私は、ガンダムの第一話を見たのは、小学生だった。

このころは、日本サンライズの初期のころで、無敵超人ザンボット3、無敵鋼人ダイターン3という

変形合体ロボットの登場するオリジナルアニメのシリーズだった。

ザンボット3から数えて三作目に当たるガンダムは、小学生の自分には、

きわめて異質だった。

敵のメカが、たくさん居る!→量産型ザク

主役のメカが合体こそするが、必殺技を出さない。→ビームサーベル、ビームライフル

主人公が暗い・・・。→アムロ

なぜかライバルが無駄にキザ・・・。→シャア

なんだろう、このアニメはと、当時9歳の私は製作意図が理解できず

途中で視聴を中断してしまったのだ。

 

とはいえ、放送後にプラモデル、通称 ガンプラが発売されてからは

人気が再燃し、小学生も学年が上がると、少し理解できるようになり、

夕方、名古屋テレビで再放送もバンバンやってくれたおかげで、

ようやく楽しめるようになった。

このような昭和時代のコンテンツを扱うサイトをやっているからには、

どこかで、ガンダムとは向き合わないとならないなと思っていた。

それが、リアルで、第一話を見て、

ガンプラブームのフィーバーの中心に居た者の避けては通れない道だろう。

テレビの放送から、もう40年近くも前なので、かなり記憶も曖昧なので、

再確認したくなり、思い切ってテレビ版のDVDを取り寄せてしまった。

1と2とも限定版。

いつも限定商法が苦手で、通常版を選ぶことが多い。

パッケージを開封することで、値打ちが落ちてしまうのでは、

などと、ちょっと引き気味になるのだが、

これぐらいのビッグネームは大量に流通していてプレミアも付かないだろうし、

自分が9歳の目線になったとき、

じゃあ、お前はプレミア狙いでガンプラを買っていたか?と聞かれると

そんなことは無かった。

ちょっと落ち着いたら、開封して、少しづつ見てみよう。

P_20181229_020432.jpg



プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED