『カルーセル麻紀』を含むコンテンツ

緋の河

中日新聞の夕刊に連載されている

『緋の河』
(作・桜木紫乃、画・赤津ミワコ)

という小説が面白い。

北海道釧路市を舞台にしていて、
主人公は性同一性障害の少年、秀男。

黒柳徹子さん司会のテレビ番組、『徹子の部屋』でカルーセル麻紀さんがゲストの回で

私をモデルにした小説がはじまったと
話されていた。

カルーセル麻紀さん、作者の桜木紫乃さんも釧路市出身同士。

プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED