『アニメ』を含むコンテンツ

いっぱいやろうぜ ヨーソロー

アニメ「宝島」1978年の10月に放映が開始された。

二重人格のサスペンス物で有名な「ジキル博士とハイド氏」の作者でもある
イギリスのロバート・ルイス・スティーブンソン(スチーブンソン)の
同名冒険小説が原作である。

アニメ「家なき子」の後番組であり
監督(演出)は出崎統氏、キャラクターデザインと作画監督は杉野昭夫氏が担当する。


『あしたのジョー』、『エースをねらえ!』、『ベルサイユのばら』
などでもおなじみのコンビである。


一部の古めのアニメファンなら、

「バシィーン」
「カァーン」

といった効果音とともに、画面が透過光を使った止め絵になる独特の演出が脳裏に浮かぶことだろう。

本作でも随所に止め絵が見られる。


音楽を担当されているのは、羽田健太郎氏、主題歌を町田よしと氏

「さあ、これから冒険の旅に出かけるぞ!用意はいいか?ヤロウども」

といったワクワク感を盛り立ててくれる。


今は、こうした作品をきちんとテーマとした"主題歌"が本当にないなあと思える。

どこかのタイアップで、作品とは関係ない歌詞の羅列であったり、
新人の売り出しの手段に使われたりなど、
まあ、大人の事情というやつなのだろう。


基本的には、このアニメは、スティーブンソンの原作をなぞるようにアニメ化されているのだが、
全26話というゆったりしたスパンのせいもあり、
主人公ジム・ホーキンズの日常、母カレンとの酒場兼宿屋ベンボー亭の経営の場面。
ガールフレンドのリリー、尊敬しているリブシー先生、お金持ちのトレローニさんといった登場人物がじっくりと描かれる。

そんな中、平凡な日常を破るように現れるのが、
ベンボー亭に客としてやってきた訳ありげなビリー・ボーンズ

一本足の男の影におびえ、不安をかき消すようにラム酒をあおる。

彼の口ずさむ歌がまた良い。



亡者の箱まで

にじり登った15人

いっぱいやろうぜヨーソロー

他の奴らは、酒と悪魔に飲まれたぜ

もひとつやろうぜ、ヨーソロー



"ヨーソロー"の意味がよく分からないが
歌詞も単純だし、口ずさんでいるうちに、
自分も船乗りの一員にでもなったかのような気がしてくる。

そして、めったに飲むことのないラム酒が無性に飲みたくなるのだ・・・。

そんなビリーは、かつての海賊の仲間から命を狙われ
なんとか、ピンチを切り抜けるものの
酒の飲みすぎにより、命を落とすことになる。

ジムはビリーの持っていた宝島までの地図を託され、
リブシー先生に相談。トレローニさんの船、ヒスパニオラ号で宝島に向うことになる。

そこで、コックとして雇われたのが、一本足の男、ジョン・シルバー!

父親の居ないジムにとって、父親のような存在感を見せるシルバー。

シルバーも、ジムを息子のようにかわいがるし、
人身売買の商人からも身を挺して守る。


まったく、原作を知らないでアニメを見たため、
この作品が物語の内容だと思っていた。

後述するが、このアニメ版は、ジムとシルバーの関係を大きくアレンジしたものだということを
最近になって知った。

序盤の船出から、旅を終えて帰るまで、男しか登場しない。

まさに、男の作品である。

とはいえ、わんぱくなジム、
料理の得意なシルバー、
医者で判事の、英国紳士リブシー先生、
いかにもジョンブル然としたトレローニさん
任務に忠実なスモレット船長
クールだが頼れるグレー

そろぞれキャラクターの個性が立っているのが見事だ。

そして、シルバーは、宝島に到着する時点で、真の正体である、
海賊だということを明かすこととなり、
ジムと対立することになる。


父のように慕っていたシルバーの裏切りに翻弄されながらも、
それでも、宝探しに取り組む。

まあ、下衆な言い方になり恐縮だが、
自分だって、幼少の頃の父親は、とても偉大に感じていた。

仕事はもちろんのこと、スポーツだって、遊びだって、常に良い結果を出す。
怖いけれど、強くて尊敬できる男。

まさに、子供が勝手に抱いていたイメージ。

しかし、こちらが、大きくなるにつれて、
仕事仲間と慰安旅行で、旅先のコンパニオンとよろしくやっていただとか、
大人向けの本を隠していたとか。(笑)

知りたくもない姿が見えてくるようになる。

あれあれ?こちらが思っていたイメージと違うぞ?

というように、捉え方が変わってくるのである。

つまり、こちらが、成長するにつれて、
父の見え方が変わってきてしまうのだ。

シルバーも、目的のためには非情になるのだ。

放映当時は、自分は、9歳なので間違いなく

「シルバーめ!なんてやつだ」

ジムのほうの気持ちだった。

しかし、もう40代になってしまうと、
めちゃくちゃシルバーの気持ちが理解できるようになってしまう。

"目的のためには手段を選ばない"

というと、聞こえは良いが、
ひとつの道を進まないとならないときに、
仲間、仕事を捨てないと前に(もしくは後ろに?)、進めないという選択の場にも何度か遭った。

他人からは自分の行動が黒く見えたとしても、自分は白いつもり。

白と黒だけでは分けられない選択の数々。

己の信念を貫くシルバーって、とても純粋なのだ。

敵と味方になっても、おたがいを気遣うジムとシルバー

あたかも父と子が、男と男として認め合う間柄になったかのように。

出崎監督の他の作品、「ガンバの冒険」は、
それこそ、ガンバたちネズミ対ノロイ率いるイタチの関係においては
単純に、イタチを"天敵"、"悪"として見るだけで良かった。

シルバーもひどい男だが、それでも、一度は憧れた男である。

このシルバーは悪役ながらイタチとは違い、憎みきれない魅力があふれているのだ。

この難しい人物像をよく表現されているなあと感心してしまう。

そして、とうとう、宝が見つかるが、
帰りの船ではシルバーは、犯罪者であるため、鎖で縛られてしまう。

グレーと酒の飲み比べ勝負で、鍵を持っているグレイに勝ち、鍵をまんまと手に入れて
シルバーは脱走に成功する。

この勝負は、どうも変であり、グレーがわざと隙を作ったように見える。

海賊として処刑されるよりも、どこかで生き延びて欲しいという願いがあったのだろう。


小説の原作では、ふつうに故郷で結婚したというグレーの生涯が、
アニメでは戦死という点が、ちょっといたたまれないが、
彼は最後、故郷のアイルランドの独立戦争に加わる。


シルバーの裏切りのときでも、勝ち目のないほうであるジムたちに加担するという
グレーの信条から、この戦争もやはり勝ち目がなく
敵の銃弾に命を落とすこととなる。

「シルバー、こんなとき、あんたならどうする?」

グレーもまた、シルバーに憧れていたのである。

「○○、こんなとき、あんたならどうする?」

こうした気持ちは、男ならけっこう出くわすのではないだろうか?

尊敬している先輩、お世話になった先生。

すっかり疎遠になってしまい、もう年賀状すらも出さないような、双方の間柄が深い地層に埋もれたようになりながらも、どうしようもならない窮地に立たされるとき。
ふと、その存在を思い出すこと。

このように、このアニメは、男同士の信頼、情景、尊敬といった心模様をうまく描いている。

ジムの声を鉄腕アトムなどの清水マリ氏が充てられ
まっすぐでよどみのない少年を演じ、
シルバーの声は若山弦蔵氏が務めていて、渋いセリフを連発する。

「昔のことを思い出しちゃラム酒の味がまずくなるからな」

「夕日は裏切りの名人だ。あっという間に人の心を夜の闇に突き落としちまう。
大人になってからやっと分かった。それから夕日が嫌いになった。
わかっていてもよ、それでも野郎(夕日)は美しい。
だから負けねえようにさ、俺の勇気を試しているのさ」 

最近になり、映画版(実写)の「宝島」を見る機会が得られた。

宝島(Treasure Island 1950年公開 ディズニー・プロ製作)

ディズニー初のカラー作品なのだそうであるが、
物語が、淡々と進むだけのように見えてしまい、
アニメ版のダイジェストを実写化して、あらすじでも見ているかのようだった。

ジムはまだしも、シルバーがぶちゃむくれなヒゲ面のオッサンで憧れの感情なんてこれっぽっちも湧いてもこない。

ディズニーだけに、ディズニーランドのアトラクションにでも乗っているような気分にはなれる。

1950年というと、戦後間もない頃だ。

日本なら物資も乏しい、そんな時期にカラー(総天然色)で映画を作れる
アメリカとは、なんとリッチな国だったのだろうというところが窺い知れる。

こうして、時代を超えて、「宝島」はその存在感を見せつけてくれる。

こうした冒険モノは夏が、よく似合う。

夏が終わると少年は男になるのだ。

背が伸びたり、大きな魚を捕まえられるようになったり、
泳ぐ距離を伸ばせたり。

なので、今回のテーマ「宝島」は夏にこそ見ていただきたい。

また、この「宝島」があったからこそ、
『海賊戦隊ゴーカイジャー』、『ONEPEACE(ワンピース)』という、海賊をテーマとした作品たちも後に続いたのであろう。

プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED