40年代生まれの男たちの・・・


ようこそ!
昭和40年代生まれのサイトです。

こんなネタ
わかるかなぁ?わかんねぇだろうなー


ちょっとなつかしめのものから、
誰もついていけないようなコアな話題まで
インド人もビックリ
するぐらい
マイペースに更新しています。


このサイトの管理人については、

こちら をご覧ください。



2017年のマリリン

スマホのデータを整理しようと
画像の中から
ある車の写真を見つけた。

hondaminakosan03.jpg

赤いBMW 3シリーズ(E46-325i)

この車のかつての持ち主は、

アイドル、

歌手、シンガー、ミュージカル女優と多彩な活動をされた
本田美奈子さん。

生年月日: 1967年7月31日 ~ 死亡: 2005年11月6日

「孤独なハリケーン」
「1986年のマリリン」

「Temptation(誘惑)」

「Oneway Generation」

「ナージャ!!」というアニメの主題歌も歌っていた。
「明日のナージャ」。前作が、おじゃ魔女ドレミちゃん

後番組がプリキュアという人気作品に挟まれて、

知名度が低い、ちょっと不遇な作品だった。

hondaminakosan02.jpg

--------------------------------------------------------------------

愛車のBMW

本田美奈子.さんは生前に

自ら運転して事務所や劇場に

通われていました。

ナンバーの「375」は

自分の名前をとって。

MINAKO with WILD CATS時代の

曲名を取って「ジュリア」と

呼んで大切にしていました。

--------------------------------------------------------------------

一時、アイドルとして、低迷していた時期があり、

ロックバンドを結成するも、

それすらも空回りしてしまった時期があったなあ。

傍から見ても、もがいているように見えた・・・。

歌唱力があっても、可愛いアイドルから次のステップに移るのは難しく、

ほぼ同期の、菊池桃子も、ラ・ムーなんてやってたっけ・・・。

菊池桃子も、いまや、母親で、大学の先生でもあり・・・。

本題に戻って

こちらの車は
女性らしくもあり、キュートなルックスに秘めた燃えるような情熱を表すには、
やはり赤なのだろう。

本田美奈子さんのご遺族が、
こちらの車を売却して児童養護施設に寝具を寄贈されたのだとか。

ナンバーが375(ミナコ)

ご遺族の手元から離れて、どなたがオーナーなのかは、分からないが、
こうして、リアルで対面できると、ちょっと身震いしてしまったことを記憶している。

岡田有希子さんのお墓の前でもそうだった。

ご本人はいないはずなのに、
80年代に多感な頃をすごした人間だからこそ感じる、ググーッとくる引力。

80年代中盤、彗星のごとく現れた、歌唱力、ルックスともに抜群の歌手 本田美奈子さん

この名古屋モーターショーは2017年に行ったので、

まさに「2017年のマリリン」!

御母堂の工藤美枝子さんは、現在、
白血病や難病に苦しむ人の支援活動の一環として
NPO法人「リブ・フォー・ライフ美奈子基金」の発起人として活動されている。

リブ・フォー・ライフ美奈子基金

今でも、本田美奈子さんのご母堂は

部屋の掃除を欠かせないし、

着ていたパジャマは10日に一度は洗濯されているのだとか。

こんな私も、微力ながら、年に数回、献血はさせていただいている。

kenketsu.jpg

生きた証なんて大げさではあるが、

どこかで、誰かが、自分の分身を活用してくれて、
エネルギーになってくれていれば、それで充分。

新型車や試作車がメインの展示であるモーターショーの中で、

この車はからは、愛用されていたものだけが放つ格別のオーラが伝わってきた。

新しくもない、特別な改造をされたわけでもない、

しかし、大事にされていたのだろうなという。

行った甲斐のあるショーだった。

 

 

なんとなく薄味に

2019年に突入した。

いよいよ平成時代も最後の年となる。

昭和のかおりのする文章を中心に書いているが、

平成すらも終わろうとしている。

さて、昨年末に、大掃除をしていて、要らないものが、多々あることに気づいた。

まずは、靴だ。

昔、名古屋駅の靴屋で買った「MURO」というメキシコ製のローファーブーツ。

P_20190108_004854.jpg

ローファーのハイカット版のようなブーツ。

当時は、ちょっとモードっぽい路線を目指していた気がする。

アニエスベー。トランスコンチネンツあたり・・・。

もう5年は履いた記憶が無い。

というのも、

5年ほど前に学生時代の旧友と再会したときに、このブーツを履いていたのだが、

古臭いと一蹴されてしまったのだ・・・。

自分ではイケているつもりでも、

まったくイケていなかったのだ。

私は自営業で、人と会うことがあまりなく、

傷みが少ない分、物持ちが良い。

輸入品なので、もったいなくて捨てられない。

しかし、こういった奇抜なデザインの靴は、流行り廃りに影響されやすい。

廃った後は、へんてこな靴に見られてしまったのだろう。

そして、パトリックコックスのワナビーというブランドの蛇皮のローファー。


P_20190108_004847.jpg

これは、名古屋のパルコのセールで買ったのだ。

もう25年は履いていないかも・・・。

なんで、こんなぶっ飛んだ靴を買ってしまったのだろう。

「おしゃれは足元から」

とはいうが、いくらなんでも足元が主張しすぎてる。

クラブ(語尾が上がるほう)に、通っていたときのために買ったぽい・・・。

それとは別に、ときどき履いている靴は、

SEBAGO(セバゴ)のローファー(茶色)

REDWING(レッドウイング)のポストマンシューズ(黒)、

P_20190108_005023.jpg

今は、どんな靴が流行っているのか、もう分からないので、

流行り廃りに関係のないだろうポストマンとローファー。

デザインも、レッドウイングの中では、

一番、らしくない外見なので、ゴリゴリと主張しすぎず意外と飽きない。

このポストマンも茶色いローファーも、20年は前に買ったものだ。

このポストマンは万が一、ダメになっても、おかわりしたいくらい馴染んでいる。

デザインは薄め、しかし、作りはしっかり、そして、長持ち。

こういった靴を手入れしながら過ごしていこう。


 

 

プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED