40年代生まれの男たちの・・・


ようこそ!
昭和40年代生まれのサイトです。

こんなネタ
わかるかなぁ?わかんねぇだろうなー


ちょっとなつかしめのものから、
誰もついていけないようなコアな話題まで
インド人もビックリ
するぐらい
マイペースに更新しています。


このサイトの管理人については、

こちら をご覧ください。



なんとなく薄味に

2019年に突入した。

いよいよ平成時代も最後の年となる。

昭和のかおりのする文章を中心に書いているが、

平成すらも終わろうとしている。

さて、昨年末に、大掃除をしていて、要らないものが、多々あることに気づいた。

まずは、靴だ。

昔、名古屋駅の靴屋で買った「MURO」というメキシコ製のローファーブーツ。

P_20190108_004854.jpg

ローファーのハイカット版のようなブーツ。

当時は、ちょっとモードっぽい路線を目指していた気がする。

アニエスベー。トランスコンチネンツあたり・・・。

もう5年は履いた記憶が無い。

というのも、

5年ほど前に学生時代の旧友と再会したときに、このブーツを履いていたのだが、

古臭いと一蹴されてしまったのだ・・・。

自分ではイケているつもりでも、

まったくイケていなかったのだ。

私は自営業で、人と会うことがあまりなく、

傷みが少ない分、物持ちが良い。

輸入品なので、もったいなくて捨てられない。

しかし、こういった奇抜なデザインの靴は、流行り廃りに影響されやすい。

廃った後は、へんてこな靴に見られてしまったのだろう。

そして、パトリックコックスのワナビーというブランドの蛇皮のローファー。


P_20190108_004847.jpg

これは、名古屋のパルコのセールで買ったのだ。

もう25年は履いていないかも・・・。

なんで、こんなぶっ飛んだ靴を買ってしまったのだろう。

「おしゃれは足元から」

とはいうが、いくらなんでも足元が主張しすぎてる。

クラブ(語尾が上がるほう)に、通っていたときのために買ったぽい・・・。

それとは別に、ときどき履いている靴は、

SEBAGO(セバゴ)のローファー(茶色)

REDWING(レッドウイング)のポストマンシューズ(黒)、

P_20190108_005023.jpg

今は、どんな靴が流行っているのか、もう分からないので、

流行り廃りに関係のないだろうポストマンとローファー。

デザインも、レッドウイングの中では、

一番、らしくない外見なので、ゴリゴリと主張しすぎず意外と飽きない。

このポストマンも茶色いローファーも、20年は前に買ったものだ。

このポストマンは万が一、ダメになっても、おかわりしたいくらい馴染んでいる。

デザインは薄め、しかし、作りはしっかり、そして、長持ち。

こういった靴を手入れしながら過ごしていこう。


 

 

似合わない年頃

このご時勢の流行している音楽や文化がだんだん、分からなくなってしまい、

日曜日は山下達郎さんのラジオ番組を聴くことが多い。

サンデーソングブック

山下さんの選ぶ、懐かしい、良質なオールディーズが耳に心地よいのだ。

番組に、ゲストで、奥様でもある竹内まりやさんが登場されることがあり、
その中で、80年代のアイドル歌手 岡田有希子さんに提供した曲を竹内さん自身が
セルフカバーされた作品も流されていた。

ママの選ぶドレスは、似合わない年頃よ♪

-Dreaming Girl- 恋、はじめまして/岡田有希子

ああ、この人が作っていたんだ!

女の子は精神的な成長が早いので、10代も半ばになると、おしゃれや恋にも目覚めて

親の言うことがうっとおしくなってくるのだろう。

そういった心情を、かわいらしくポップに仕上げる竹内さんのセンス。

竹内さんが歌うと、アメリカンな雰囲気になるのだなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mariya's Songbook(初回盤) [CD]
価格:2305円(税込、送料別) (2018/12/29時点)



そういえば、岡田有希子さんの菩提寺が、近所にあると聞いたことがある。

そこで、バイクに乗ってドンブラコとたずねてみた。

P_20180422_140350.jpg

菩提寺は愛知県愛西市

佐屋町の成満寺(じょうまんじ)。

P_20180422_140416.jpg

岡田有希子さんの

本名は佐藤佳代(さとうかよ)さん。


1967年 - 1986年

1986年 4月8日

亡くなられたのは18歳・・・。


戒名は「有楽院釈尼佳朋(ゆうぎょういんしゃくにかほう)」。
有希子の有、音楽の楽、本名の佳代の佳から一文字ずつ取って、
"みんなに愛されたアイドル"を意味する朋の字を入れたものそう。

まさか、この自分が、芸能人のお墓参りするとは・・・。

P_20180422_141059.jpg

亡くなったのは、飛び降り自殺だったのだけど、
この当時、彼女のファンも、そうでない人も連鎖的に
あちこちで若い命を落としてしまうという事象が相次いだ。

時期的に春で、
陽気な季節とは裏腹に、
社会には新しい環境、学校や、会社などになじめなくて

落ち込んでしまう人だって、少なからず居たのだった。

当時、夕方のニュース番組で、キャスターの幸田シャーミンさんが、
命を大切にしてくださいと訴えかけていたっけ。

大人になると、どうにもならないことは、
"逃げる"という選択肢を取ることがある。

もしくは、"辞める"も。

ただ、彼女は、
逃げるということを選ばずに、自らの命を絶ってしまった。

慰霊碑には、こんなメッセージが書かれている。

P_20180422_141118.jpg

もしも ゆっくり休みがとれたら
油絵を描きたい
ファーストビデオで行った
スイスの山々を
まっ白なキャンバスに描きたい
幼い頃
どうしても画家になりたかった私
いま素顔の私に戻って
キャンバスに色をほどこしていく時
いいようのない 安らぎを覚えるのです。

 

 

プロフィール


昭和40年代ブログ管理人プロフィール画像

昭和40年代



  • 性別:男性
  • お住まいの地域:愛知県
  • 自己紹介: このマークは文字で構成されています。 お時間のある方は解読してみよう! どうしても分からない人は、ここにヒントがあるよ。

サイト内検索

タグクラウド

feed FEED